「わんこそば」とは

「わんこそば」とは、一種に遊びゴコロたっぷりのそば料理です。「じゃんじゃん」の掛け声とともに、 手元の椀に放り込まれるそばを食べた椀の数を競い合います。
わんこそばのルールは、椀のふたを開けてスタート。あとは食べられるだけ食べるのみ。 終了の意思表示をする場合には、 椀の中のそばを食べきった状態でふたを閉じます。それまでは容赦なくそばを放り込まれます。食べ終わった椀の数で競い合います。
わんこそばは、お給仕さんとの掛け合いもなかなか楽しいものです。勝とうと思わないまでも参加はしたいものですね。

わんこそばをいっぱい食べるコツ

わんこそばをいっぱい食べるコツ は、そばつゆはおいしくても飲まないこと。そばはあまり噛まないこと。 薬味はむやみに食べないことですね。
でも何より大切なのは、仲間と一緒に楽しくにぎやかに食べることですね。

わんこそばの由来

わんこそばの由来は諸説あって定かではありませんが、次のような説があります。
◆むかし岩手には、宴席に集まった客にそばを振る舞う風習があり、 この時一度に大勢の客にゆでたてのそばを提供するため、少量ずつお椀にもって出したことから。
◆南部氏27代利直が江戸に上る途中、花巻に宿を求めた時に、 土地の人々が利直に差し上げたそばの容器が平椀だったことから。
◆日本初の平民宰相原敬が、そばは「わんこ」で食べるのがよいと言ったから。 ちなみに「わんこ」とは「椀コ」、お椀を意味する岩手の方言です。
◆昔の農家のそば切りの食事療法から。

スポンサードリンク